Moneta 152

Moneta 152

Documents and Studies on 19th c. Monetary History

Japan

Reports of the Imperial Mint (Osaka)
IV. (37th – 45th  years of Meiji) (1904-1912)

Marina Kovalchuk - Georges Depeyrot, ed.

The Meiji Restoration (1868) opened Japan to the Western world by creating institutions similar to those of European countries.

Japan adopted a new currency and opened a Mint at Osaka (4th August, 1871), that was the former Mint of Hong Kong, and to prove the perfect quality of the coinage, each year a Report was published, giving all the complete information on issues, but also on the quality of the coins, the equipment of the various Departments, the workers (including their diseases).

The publication of these Reports wanted to demonstrate the excellence of the new Japanese monetary system, at the moment when the Government wanted to borrow on the main European markets and to transform the Yen in an international currency.

The series of Reports gives a complete description of a Mint in the end of the 19th century. It is a unique documentation published in a very specific moment: monetary unification of Japan, creation of a new monetary stock, evolution from a bimetallic to a monometallic system, depreciation of the silver, etc.

The publication of the Reports continues the series of volumes on the money issue in Japan during the Meiji period. There is no complete collection of the Reports published during the Meiji period. We will republish all of them (in 4 volumes), adding a new block of documents on this period.

Marina Kovalchuk is assistant professor, Far Eastern Federal University, Vladivostok.
Georges Depeyrot is researcher, Centre National de la Recherche Scientifique, Paris and heads the DAMIN program (La Dépréciation de l'Argent Monétaire et les Relations Internationales - Silver monetary depreciation and international relations).

 

19世紀後半に欧米の圧力で開国した日本は1868年に明治維新を迎えると、欧米諸国の経済、政治体制を研究することで、自国の近代化を推進した。

1868年に明治維新を迎えた日本は、欧米諸国にならった経済制度や政治制度を整備することで、欧米主導の国際社会へと参入していった。

1870年初頭に明治政府は新通貨制度を導入し、1871年4月4日には大阪に欧米スタイルの造幣局を開設した。また政府は日本の新通貨の質を証明するために、造幣局の開設以降毎年『造幣局年次報告書』を発行した。この報告書には貨幣の質だけではなく、造幣局内各部署の設備、そしてその勤務者(その健康状態をも含む)に関する詳細な情報が掲載されている。

この時期、日本政府は欧米市場で資金調達をしようとし、また円を国際的通貨にしたいと考えていた。それゆえこれらの報告書は、日本の新通貨制度の優秀さをアピールする目的を持っていた。

『造幣局年次報告書』シリーズは、19世紀後半から20世紀初頭における大阪造幣局の全体像を伝えるものである。このシリーズは日本が統一通貨を導入して新しい金融体制を確立し、複本位制から単本位制銀へと移行することで銀の下落問題を解決しようとしたきわめて特殊な時期に発行された、貴重な資料である。

明治時代に刊行された『造幣局年次報告書』シリーズを4巻にまとめて再版することで、明治時代通貨問題に関する新しい資料を紹介する。

コヴァルチューク・マリーナ(ロシア連邦、極東連邦大学(旧国立極東総合大学)、助教授)
デペイロー・ジョージ(フランス、国立科学研究センター、研究員)

 

Marina Kovalchuk - Georges Depeyrot, ed.
MONETA 152, 452 pages
Table des matières p1, p2, p3, p4


Marina Kovalchuk - Georges Depeyrot, ed.
MONETA 152, 452 pages,
110 euros,
Table des matières p1, p2, p3, p4
ISBN 978-94-91384-20-2

 
_____________________________________________________________________________