Moneta 121

 

Moneta 121

Documents and Studies on 19th c. Monetary History
Japan
 

Republication of
The Currency of Japan
A reprint of Articles, Letters, and Official Reports, Published at Intervals in the Foreign Newspapers of Japan, together with Translations from Japanese Journals, relating to the Currency, Paper and Metallic, of the Empire of Japan (Yokohama, 1882)

Marina Kovalchuk, Georges Depeyrot, ed.

The Meiji Restoration (1868) opened Japan to the Western world by creating institutions similar to those of European countries. Japan adopted a uniform currency, but was soon forced to issue or permit to issue bank notes, public or private, creating an important inflation.

 At that moment, finance problems relating to Japanese unsettled currency system brings difficulties not only to Japan but also to the countries which had commercials relations with Japan. The Great Britain was one of these countries.

The publication of Currency of Japan (1882), was exactly when the political debate on the bank notes and inflation had reached its maximum, before the Matsukata's deflation. 

With Currency of Japan, we begin a series of republication of books on the money issue in Japan during the Meiji period. It should start with this first book that summarizes the situation during the early years of the Meiji era. It will be followed by other volumes detailing the evolution of monetary policy in Japan. 

19世紀後半に欧米の圧力で開国した日本は、1968年に明治維新を迎えると、欧米諸国の経済、政治体制、そして外交政策を研究することで自国の近代化を推進した。全国における統一通貨の導入も1870年初頭に実施されている。しかし外国と国内における金と銀の価格差問題の解決の難しさ、租税改正や西南戦争などの国内改革に起因する財政難、そしてそれらを補うための不換紙幣の増発は、日本社会に深刻なインフレーションをもたらすことになった。さらに日本の財政問題は、日本国内ばかりではなく、日本と通商関係にあった諸国にもさまざまな困難をもたらした。英国もまた、そのような国の一つであった。

 『日本の貨幣制度(Currency of Japan)』が刊行されたのは1882年、まさに日本におけるインフレーションと通貨問題が頂点に達し、松方デフレ財政が実施されようとしていた時である。この本には明治初期日本の貨幣政策に関する詳細なデータが多数掲載されているだけではなく、当時日本で発行されていた『ジャパン・メイル』、『ジャパン・ヘラルド』、『ジャパン・タイムス』等の英字新聞記事が引用され、日本の通貨問題に対する滞日外国人の意見も紹介されている。『日本の貨幣制度』は明治日本の経済発展、またその特徴を研究するために必要不可欠な史料なのである。

 我々は19世紀後半から20世紀初頭における日本の通貨問題関連史料を再発行するにあたり、明治初年の状況を通観できる『日本の貨幣制度(Currency of Japan)』をその第一号に選んだ。この本の再発行は、明治時代日本の金融政策の解明に大きな貢献をもたらすことであろう。またその後も引き続き、日本における通貨政策の発展を詳述する各種文献を再発行していく予定である。

コヴァルチューク・マリーナ(ロシア連邦、極東連邦大学(旧国立極東総合大学)、助教授)

デペイロー・ジョージ(フランス、国立科学研究センター、研究員)


Marina Kovalchuk, Georges Depeyrot, ed.
MONETA 121, 204 pages,
55 euros
"Voir une page" page 7.
ISBN 978-90-77297-89-6

 
_____________________________________________________________________________